2014年11月08日

コジステの【MGSを語る】コーナーをまとめてみました。

コジステのコーナーで『MGSを語る』という物があるのですが、それの27回目にMGS3を語るが3回目で最終との事で(MGS4を語るやMGSPWを語るもあるみたいです)MGS1、MGS2、MGS3を語るのコーナーがある回をまとめてみました。
自分的なメモも込めてあるので開始時間等々かなり大雑把なのでご了承ください。

【MGS1を語る】

『MGSを語るは34分頃〜』

『続・MGSを語るは46分48秒頃〜』

【MGS2を語る】

『第1回MGS2を語るは16分15秒頃〜』


『第2回MGS2を語るは6分50秒頃〜』


『第3回MGS2を語るは9分48秒頃〜』

【MGS3を語る】

『第1回MGS3を語るは19分37秒頃〜』


『第2回MGS3を語るは9分17秒頃〜』
※玉利さんが号泣するシーンはコチラ!(笑)


『第3回MGS3を語るは11分22秒頃〜』

自分の中で多分このコーナーが一番面白いと思ってるので、MGSシリーズに興味のある方は是非一度ご覧頂きたい!まぁMGS好きな人はコジステみてると思いますけどね(笑)

それではノシ
メタルギア ソリッド レガシーコレクション -
メタルギア ソリッド レガシーコレクション
メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版 -
メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版
iDROID型iPhoneケース -
iDROID型iPhoneケース
ラベル:MGS MGSV メタルギア
posted by ヌマ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

故人の遺灰をダイヤモンドに…MGSVTPPのPVの1シーンが頭をよぎった。

故人の遺灰をダイヤモンドにする技術が開発される
いつまでも一緒。
 スイスのAlgordanza社が、故人の遺灰からダイヤモンドを作る技術を開発しました。これまでも、生前に故人が愛用していたものを形見として受け継ぐ風習はよく見られましたが、これからは亡くなったあとも、日頃から身に着けるアクセサリとして故人と人生を共にすることができるようになりそうです。
 さて、その開発された製法ですが、遺灰を地球のマグマほどもある圧力と熱にかけ、圧縮してダイヤモンドにするんだとか。もちろん、素材となる遺灰に、要望がなければその他の不純物を混ぜることはなく、事前に遺骨や遺灰のなかから抽出した炭素のみが使われます。親しい人の限りなく生まれ変わりに近いダイヤモンドが得られるのは、嬉しいですよね。


との事で故人の遺灰をダイヤモンドにっていうのものが開発との事。
でも正直この話題自体はなるほど…って感じですが、灰でダイヤをっていうのでピンと来るのがコチラ!

4:25〜
カズ『水葬をしない?それで……』
スネーク『仲間の灰でダイヤモンドを作れ それを俺達は抱いて戦場へ行く』
カズ『死してなおも輝き続ける 仲間の元で…』

MGSVTPPのPVのワンシーンに仲間の灰でダイヤを作れって言うセリフが浮かびました…いや、だからなんだって言う話なんですがね。
と言うのもMGSVの舞台は1984年、そう考えると灰でダイヤを作るっていうのはわりと最近の技術でもないのかなと?実際に『それ』があったなら…そもそも小島監督のアドリブ?…関係はなさそうですが紛争ダイヤモンドって確か1984年辺りの話しだったような?うーん、このPVは謎だらけなのでこのへんで(笑)
メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版(初回生産限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能なマザーベース スタッフDLC同梱&Amazon.co.jp限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能な特殊ダンボール箱DLC付き) -
MGSV:GZ
ラベル:MGSV
posted by ヌマ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

庵野監督のインタビュー【『エヴァ』シリーズに関してコメントしない理由】

『エヴァ』シリーズに関してコメントしない理由
――これまでに関わった50作品以上を一挙に上映するという第27回東京国際映画祭の目玉企画。映画祭で庵野監督との交流を楽しみにしているファンも多いです!
【庵野】 ……作り手と直接会うって、善かれ悪しかれなんですよね。作り手としては作品が全てなので、僕らの顔なんて浮かばないくらいが理想です。でも、その作品を好きになって掘り下げていくと、どんな人が作ったのだろう? という興味は僕にももちろんあったので、その気持ちもわかる。あまり夢とか想像力は壊したくないんですよね。『エヴァンゲリオン』シリーズに関して、僕がコメントしないのもそのためです。ファンの方が想像する楽しみを大事にしたいので。


なるほど、確かにって思ってしまいます。

その作品が好きになればなるほど、その根幹を調べるためにその人が他に作った物、またはそれを作った人を調べますからね。
夢や想像力を壊したくないって言う庵野監督の配慮には脱帽ですが、小島監督なみとは言いませんが、もう少し語ってもらってもいいんですよ?(笑)



まぁ今回のインタビューでは新劇場版の…『次の劇場版はいつ頃?』『Qから次の展開はどうなる?』『今後のEVAはどういう方向に?』なんていう事は一切かかれてないので残念ではありますが…それ以外でも庵野監督の若かりし頃のエピソード等を語っているので面白い記事ではあります、これからモノづくりを始める方は読んどいて損は無いと思いますね。

『エヴァ』シリーズに関してコメントしない理由

ただ、こういうインタビュー系の記事は昔自分の中にあったクリエイティブなものが再度でてくるので見過ぎるとモヤモヤしてしまうっていう…(笑)
ラベル:EVA
posted by ヌマ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。